Windows11のISO日本語版をダウンロードする方法|ダウンロード

Windows11_日本語版ISOダウンロード方法NEWS
Windows11_日本語版ISOダウンロード方法
この記事は約5分で読めます。

はじめに

Windows11のISOがダウンロード可能となりました。

今、Windows10をお使いの方の中には、今すぐアップグレードしたいと思っている方も多いかと思います。

Windows11にアップグレードする方法はいくつかありますが、今回はWindows11のISOファイルをダウンロードする方法について見ていきたい思います。

ちなみに私は今、Windows10を使っていますが、いきなりWindows11にアップグレードするのは少しリスキー(いくつかのソフトが未対応なこともあり)と思ったので、VirtualBox上でWindows11を動かして動作確認したいと思っています。

そのために今回のISOをダウンロードする、ということですね。

それでは、Windows11の日本語版ISOをダウンロードする方法について、見ていきましょう。

Windows11をダウンロードする方法は3種類ある

Windows11の日本語版ISOをダウンロードの説明をする前に、Windows11をダウンロードする方法には3種類ありますよ、ということを少しお伝えしたいと思います。

Windows11をダウンロードする方法は、以下の通り3種類あります。

①Windows11インストールアシスタント

Windows11に必要なファイルをWindows10パソコンにダウンロードして、ウィザードに従いでアップグレードする方法です。

ダウンロードするパソコンには、9GB以上の空き容量が必要です。

インストールメディアは保存されないので、1回限りのアップグレード向けですね。

②Windows11のインストールメディアを作成する

USBやDVDなどにISOファイルを作成し、ブートディスクとして作成されます。

ブートディスクを作成するためには、少なくとも8GBの空き容量が必要です。

また、インストール中にコンテンツが削除されるため、空のUSBやDVDメディアが推奨されています。

ダウンロードしたパソコンやその他のWindows10パソコンに、アップグレードインストールやクリーンインストールが可能な方法です。

③Windows11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする

Windows11のディスクイメージ(ISO)をダウンロードする方法です。

実際、ISOファイルをダウンロードしたら、ファイルサイズが約5.3GBありました。

今回はこちらの方法を行いたいと思います。

Windows11のISO日本語版をダウンロード

Windows11のISOをダウンロードするには、Microsoftのサイトにアクセスしてダウンロードする必要があります。

Microsoftの公式サイトからISOをダウンロード

1.まずは、以下のURLからMicrosoftのISOダウンロードサイトにアクセスします。

Windows 11 をダウンロードする

2.サイトにアクセスすると、次のような画面が表示されます。

Windows11_ISOダウンロード00

3.画面を下の方へスクロールすると、Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードする」と表示された箇所が出てきます。

Windows11_ISOダウンロード01

上図のように、プルダウンメニューから「Windows11(multi-edition ISO)」を選択し、ダウンロード」をクリックします。

4.「製品の言語の選択」と表示されますので、プルダウンメニューから「日本語」を選択し、「確認」をクリックします。

Windows11_ISOダウンロード02

5.「Windows11 日本語」と表示されますので、64-bit ダウンロード」をクリックします。

Windows11_ISOダウンロード03

ダウンロードが開始されます。

※上記のように、ダウンロードリンクの有効期限が表示されますので、期限内にダウンロードしましょう。

あとは、ただひたすら待ちましょう。

因みにWindows11のISOファイルは約5.3GBありましたので、お使いの回線速度によっては時間がかかるかもしれません。

細い回線をお使いの方は、夜寝る前にダウンロードを開始し、翌朝気持ちよくISOファイルがダウンロードできていることを確認する、というのも良いかと思います。

まとめ

Windows11へアップグレードするタイミングは人それぞれだと思いますが、新しい物好きの方はさっそくアップグレードされる方が多いかと思います。

ただ、Windows10で動いていたソフトがWindows11ではまだサポートされていなかったりすることもありますので、とりあえずWindows11を触りたい方は、今回のようにWindows11の日本語版ISOをダウンロードし、VirtualBoxなどで動かすのもありかと思います。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました