git initでリポジトリを初期化|gitコマンド

git_initgit
git_init

はじめに

Gitでバージョン管理をするには、まず初めにリポジトリを初期化(新規作成)してあげる必要があります。

今回は、$git initコマンドでリポジトリを初期化する流れを見ていきたいと思います。

勇者レベル1
勇者レベル1

これからGitでバージョン管理をしたいのですが、なにをすればいいですか?

ラスボス
ラスボス

まずは、リポジトリの初期化をする必要がありますね。

勇者レベル1
勇者レベル1

リポジトリの初期化??

ラスボス
ラスボス

Gitでバージョン管理をするためにはリポジトリの初期化が必要で、$git initコマンドを投入すると、「.git」ディレクトリが作成されます。この中にこれからバージョン管理したいファイルを入れて管理していくイメージですね。

勇者レベル1
勇者レベル1

Gitで扱う専用の箱をこれから用意する、と考えたらいいですか?

ラスボス
ラスボス

まっ、そんなところです。

とりあえず、やってみましょう!

Gitで管理したいディレクトリを作成

まずはGitで管理したい任意のディレクトリを作成し、その中に移動します。

ディレクトリ名は何でも構いません。

$ mkdir git_test
$ cd git_test

git initコマンドでリポジトリを初期化

MySQLやPostgreSQLでも最初にinitコマンドで初期化処理をするかと思いますが、Gitの場合も同じ初期化処理をしてあげます。

$ git init
Initialized empty Git repository in C:/Users/owner/git_test/.git/
$

リポジトリである、「.git」ディレクトリが作成されたことを確認します。

$ ls -a
./  ../  .git/
$

無事に「.git」ディレクトリが作成されていますね。

「.git」ディレクトリの中身を少し確認してみましょう。

「.git」ディレクトリの中身を確認

リポジトリである「.git」ディレクトリの中身を少し確認してみましょう。

$ ls .git/
config  description  HEAD  hooks/  info/  objects/  refs/

いくつかファイルやディレクトリが存在していますが、「objects」ディレクトリや「config」ファイルが重要かと思います。

「objects」ディレクトリはリポジトリの本体になりますが、git addコマンドで指定したファイルの圧縮されたファイルやツリーファイル、コミットファイルなどのGitオブジェクトが格納されます。

「config」ファイルは、Gitの設定内容が記載されています。

まとめ

Gitでバージョン管理をするためには、まず初めにリポジトリの初期化を行う必要がありました。

リポジトリの初期化処理を行っておけば、後は様々なGitコマンドでバージョン管理していく流れになります。

Gitでバージョン管理をするための初めの一歩ってところでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました