Thunderbirdをまるごとデータ移行する方法|データ移行

NEWS

はじめに

自宅でも会社でもThunderbirdを使っている人は多いかと思いますが、今使っているパソコンから新しく購入した別のパソコンへメールデータを移行するのは、気持ち的に少し面倒だと思ってしまいます。

ですが、メールデータを移行する手順は案外簡単です。

Thunderbirdが日々保存・蓄積しているメールデータのフォルダを新しい別PCに引っ越ししてあげればいいだけです。

ただし、移行手順を間違えたりすると過去メールが見れなくなったりするので、ご自身の責任の上で慎重に行ってください。

現行PCのメールデータ(フォルダ)を一旦、外付けUSB等に保存し、新しいPCのとあるフォルダ配下に保存してあげれば完了です。簡単ですね。

具体的なメールデータの移行手順については以下になります。

現行パソコン側での作業(データ移行準備)

メールデータの保存場所を確認

移行対象である、フォルダの場所を確認します。

Thunderbirdを起動し、「ヘルプ」メニューの「トラブルシューティング情報」をクリックします。

トラブルシューティング情報

「プロファイルフォルダー」欄の「フォルダーを開く」をクリックします。

トラブルシューティング情報

エクスプローラが表示されます。

Thunderbirdのデータ群

一つ上の階層に移動します。

Thunderbirdのメールデータ

フォルダが一つしかありませんね、このフォルダが移行対象となるThunderbirdのメールデータです。

このフォルダを一旦、外付けUSB等に保存し、新しいパソコンに移行する必要があります。

因みにデフォルトでは以下の場所に「〇〇.default」(〇〇の箇所は英数字の乱数)という形でフォルダが存在していると思います。

C:\Users\(※ユーザ名)\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles

メールデータを一旦、外付けUSBに保存

現行PCのメールデータを外部デバイス(今回は外付けUSBですが)に保存した段階で、実はバックアップを取っているのと一緒です。

目的が現行PCのバックアップであればここまでの作業で完了ですが、今回は新しいパソコンへデータ移行しますので、引き続き作業を行います。

新しいパソコン側での作業

Thunderbirdをインストール

まずは、公式サイトからThunderbirdをダウンロードします。

Thunderbird — メールを簡単に。
メッセージの高速全文検索、タブ表示、アーカイブ。設定も簡単で、カスタマイズ自由自在。そんなメールソフトが Thunderbird です。

ダウンロードしてThunderbirdをインストールしたら、下記の「移行方法その1」もしくは「移行方法その2」の手順を踏んでください。

ご自身のやりやすい方で大丈夫です。

なお、作業前には必ずバックアップを取っておいてください。

移行方法その1:GUI画面で移行データを指定し、インポートする

Thunderbirdをダウンロードしインストールができたら、Windowsロゴキー+「R」を押下します。

「thunderbird.exe -p」と入力し、「OK」をクリックします。

※入力する「thunderbird.exe」と「-p」の間には、半角スペースが入りますのでご注意を。

Thunderbirdのユーザプロファイル画面を起動

「新しいプロファイルを作成」をクリックします。

Thunderbirdの新しいプロファイルを作成します

「次へ」をクリックします。

Thunderbirdのプロファイル作成画面

「新しいプロファイルの名前を入力してください」欄には、ご自身で把握しやすい名前を入力してください。

入力後は「フォルダを選択」をクリックします。

外部デバイス(今回はUSB)に保存した古い端末で使用していたThunderbirdのプロファイルフォルダを指定してあげます。

USBに保存した移行対象のプロファイルフォルダを指定してあげます

今回の例で言えば「PrivateData」が選択されており、且つ「今後このプロファイルを使用する」にチェックが入っていることを確認後、「Thunderbirdを起動」をクリックします。

問題なければThunderbirdを起動します

Thunderbirdが起動し、古い端末で使っていたときと同じようにメール一覧画面が表示されれば移行完了です。

お疲れ様でした。

移行方法その2:Thunderbirdを起動し、手動でフォルダ名を変更

※上記「移行方法その1」を実行し上手くいった方は、こちらを行う必要はありません。

Thunderbirdを起動し、「ヘルプ」メニューの「トラブルシューティング情報」をクリックします。

※Thunderbirdを起動したらアカウントの登録画面が表示されるかと思いますが、ここでは一旦、無視します。

「プロファイルフォルダー」欄の「フォルダーを開く」をクリックします。

一つ上の階層に移動します。

先程と同じように(例)「new123.default」というフォルダがあるかと思います(実際は英数字の乱数)。

メールデータを移行

この場所に先程外付けUSBに保存したフォルダ((例)「old123.default」)をコピーし、貼り付けます。

この段階で、フォルダ内には2つのフォルダしか存在しない状態です。

「old123.default」のフォルダ名を「new123.default」にリネームします。

※作業前に「new123.default」のフォルダ名を「delete_new123.default」など、任意の名前に変更しておきます。

※フォルダ名が重複しています、というエラーを避けるためですね。

リネームが完了したら、「delete_new123.default」フォルダを削除します。

この段階で、1つのフォルダしか存在しない状態になっているかと思います。

Thunderbirdを再起動+動作確認

Thunderbirdを再起動すると、現行パソコンと同じ状態が表示されたかと思います。

あとは「受信」ボタンをクリックして正常にメールの受信ができることを確認後、送信テストもして動作確認を行えば無事完了です。

まとめ

今まで使っていたパソコンとおさらばする場合、パソコン内に保存されていた様々なデータを新しいパソコンに移行、つまり引っ越しする必要があります。

こういった作業は精神的に疲労感を覚えますが、やり方さえわかっておけば案外楽にできるものです。

ただし、作業をミスってしまうと過去データが吹き飛んでしまいますので精神的ダメージは甚大です。

作業する前はバックアップを取ることをお勧めします。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました