Gmailを2段階認証に設定するやり方|2段階認証

gmail_two_step_verification NEWS
gmail_two_step_verification
この記事は約4分で読めます。

はじめに

gmailのアカウントを持っている人は、世の中にたくさんいると思いますが、セキュリティのことを考慮し、既に2段階認証を設定している人は意外と少ないと思います。

例えば、メール送信プログラムを実装する際、GoogleのSMTPサーバを経由して送りたいとします。

個人的に作成したメール送信プログラムなどですね。

単純にメールアカウントとパスワードを設定しただけでは、GoogleのSMTPサーバに弾かれてしまいます。

別途、Gmailのアプリパスワードを作成し、そのパスワードを使用すれば問題ないのですが、セキュリティのことを考慮して、2段階認証を設定した上でアプリパスワードを使うことをオススメします。

アプリパスワードに関してはまた今度にしまして、今回はGmailアカウントに2段階認証を設定する方法を見ていきたいと思います。

2段階認証を設定する

1.まずは、2段階認証を設定したいアカウントにログインします。

2.ログインしたら、画面左側の「セキュリティ」をクリックし、「2段階認証プロセス」を選択します。

3.「2段階認証プロセス」画面が表示されたら、「使ってみる」をクリックします。

4.ログインを求められますので、パスワードを入力し「次へ」をクリックします。

5.「2段階認証プロセス」画面が表示されたら、電話番号(携帯番号)とコードの取得方法を選びます。

携帯電話を入力する際は、初めの「0」を除外してください。

コードの取得方法はどちらでもいいのですが、とりあえず「テキストメッセージ」を選択します。

次へ」をクリックします。

6.下記の「2段階認証プロセス」画面では、先ほど設定した電話番号(携帯番号)に届いた「G-」から始まる番号を入力し、「次へ」をクリックします。

7.下記のように「確認が完了しました」と表示されたら、2段階認証を設定するために「有効にする」をクリックします。

8.有効後は、再度ブラウザの画面左側の「セキュリティ」>「2段階認証プロセス」に進みます。

9.下記の画像にように、認証システムアプリ」の「設定」をクリックします。

10.Android用のアプリを使うのか、それともiPhone用のアプリを使うのか聞かれますので、お使いのスマホを選択し、「次へ」をクリックします。

今回はiPhoneを選択しました。

11.スマホで「App Store」を起動しGoogle Authenticator」を検索後、インストールします。

12.スマホでアプリをインストールした後は、再度パソコン画面に戻ります。

下記の画像中央に表示されてある二次元バーコードを、先ほどインストールしたアプリでスキャンします。

※上記画像では、二次元バーコードは伏せています。

13.アプリに表示された数字6桁のコードを入力し、「確認」をクリックします。

14.無事、2段階認証の設定が完了したら、下記のように完了画面が表示されます。

これ以降は、今まで使っていたパスワードおよび、アプリで表示された認証コードの2つ(2段階認証)を入力することで、ログイン可能となりました。

セキュリティを考慮した2段階認証の設定は以上です。

お疲れ様でした。

まとめ

どのシステムでも同じだと思いますが、8桁以上の英数字や記号を含めたパスワードを設定したとしても、本気で攻撃されると破られるのにそれほど時間はかからないと思います。

なので、今回ご紹介したように2段階認証を設定しておけば、仮にパスワードが漏洩したとしても、もう一つの認証コードがあるので、安心ですね。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました