概要

Microsoftは従来2020年1月14日までとしていたWindows7のサポート期限を、2023年1月まで延長すると 10月1日(米国時間)に発表しました。

下記、MicrosoftのWEBサイトに発表されています。

https://www.microsoft.com/microsoft-365/partners/news/article/announcing-paid-windows-7-extended-security-updates

Announcing Paid Windows7 Extended Security Updates


2019年12月1日 からESUが購入可能

内容としては下記の通り、

「2023年1月まで、あらゆる規模の企業向けに有料のWindows 7 Extended Security Update(ESU)が利用可能になることを発表します。 」

とあり、方針転換した形となりますね。

※Microsoftの「Announcing Paid Windows 7 Extended Security Updates」から引用させて頂きます。

——————————————————————————————————–

today we’re announcing the availability of paid Windows 7 Extended Security Updates (ESU) through January 2023 for businesses of all sizes. Previously, Windows 7 ESU was only available to Windows 7 Professional and Windows 7 Enterprise customers in Volume Licensing.

本日、2023年1月まで、あらゆる規模の企業向けに有料のWindows 7 Extended Security Update(ESU)が利用可能になることを発表します。 以前は、Windows 7 ESUはWindows 7 ProfessionalおよびWindows 7 Enterpriseのお客様のみがボリュームライセンスで利用できました。

——————————————————————————————————–

今まではWindows 7 ProfessionalおよびWindows 7 Enterpriseのボリュームライセンスを購入していた企業が対象だったようですが、

「2019年12月1日からWindows 7 ProfessionalまたはWindows 7 Enterpriseを使用するあらゆる規模の企業が、クラウドソリューションプロバイダー(CSP)プログラムを通じてESUを購入できるようになります。 」

とあります。

——————————————————————————————————–

Starting on December 1, 2019, businesses of any size with Windows 7 Professional or Windows 7 Enterprise will be able to purchase ESU through the Cloud Solution Provider (CSP) program.

2019年12月1日から、Windows 7 ProfessionalまたはWindows 7 Enterpriseを使用するあらゆる規模の企業が、クラウドソリューションプロバイダー(CSP)プログラムを通じてESUを購入できるようになります。

——————————————————————————————————–

ただ、価格は毎年上昇するとのことです。

——————————————————————————————————–

The Windows 7 ESU will be sold on a per-device basis and the price will increase each year.

Windows 7 ESUはデバイスごとに販売され、価格は毎年上昇します。

——————————————————————————————————–

ご参考として、米国MicrosoftのWEBサイト記事と翻訳内容を載せておきます。

——————————————————————————————————–

Announcing Paid Windows 7 Extended Security Updates
Available for purchase starting December 1, 2019
October 1, 2019
Support for Windows 7 ends on January 14, 2020, with Office 2010 following closely behind. It’s critical to ensure your customers can provide their employees experiences that are as productive and as secure as possible. Microsoft 365 Business—which includes Windows 10, Office 365, and the latest security features—on a modern device can ensure your customers’ sensitive information remains protected wherever they are. While many of you are well on your way to deploying Windows 10, we understand that everyone is at a different point in the upgrade process. With that in mind, today we’re announcing the availability of paid Windows 7 Extended Security Updates (ESU) through January 2023 for businesses of all sizes. Previously, Windows 7 ESU was only available to Windows 7 Professional and Windows 7 Enterprise customers in Volume Licensing.
Starting on December 1, 2019, businesses of any size with Windows 7 Professional or Windows 7 Enterprise will be able to purchase ESU through the Cloud Solution Provider (CSP) program. The Windows 7 ESU will be sold on a per-device basis and the price will increase each year. Solidify your role as a trusted advisor as you work with your customers to ensure they get the security they need while they make their way to Windows 10. 

有料のWindows 7拡張セキュリティ更新プログラムの発表
2019年12月1日から購入可能
2019年10月1日
Windows 7のサポートは2020年1月14日に終了し、Office 2010はこれに続きます。顧客が従業員にできる限り生産的で安全なエクスペリエンスを提供できるようにすることが重要です。 Windows 10、Office 365、および最新のセキュリティ機能を含むMicrosoft 365 Businessは、最新のデバイスで、どこにいても顧客の機密情報を保護し続けることができます。多くの皆さんがWindows 10の展開に順調に進んでいますが、アップグレードプロセスの全員が異なる時点にいることを理解しています。そのことを念頭に置いて、本日、2023年1月まで、あらゆる規模の企業向けに有料のWindows 7 Extended Security Update(ESU)が利用可能になることを発表します。以前は、Windows 7 ESUはWindows 7 ProfessionalおよびWindows 7 Enterpriseのお客様のみがボリュームライセンスで利用できました。
2019年12月1日から、Windows 7 ProfessionalまたはWindows 7 Enterpriseを使用するあらゆる規模の企業が、クラウドソリューションプロバイダー(CSP)プログラムを通じてESUを購入できるようになります。 Windows 7 ESUはデバイスごとに販売され、価格は毎年上昇します。お客様がWindows 10に移行する際に必要なセキュリティを確保するために、お客様と協力しながら、信頼できるアドバイザーとしての役割を強化してください。

——————————————————————————————————–

まとめ

どこの企業もWindows7からWindows10への切り替え作業でバタバタしていたと思うのですが、進捗状況がまちまちの世の現状に 米国Microsoftが 配慮したような感じですかね。

サポート期限が延長されたおかげで、少しは余裕をもって対応できるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です