はじめに

会社でWindows7からWindows10端末に移行(入替)する際、データの移行だけでなくプリンターのポート追加設定作業が必要になるケースが多いと思います。

むしろ、プリンターのポート追加設定を施してあげないと今まで通りにプリンターが使えませんからね。

今回はプリンタードライバーが既にWindows10端末にインストールされた状態である、という前提でご説明いたします。

※今からプリンタードライバーをインストールされるという方は、そのままドライバーをインストールすればプリンターは使用できますので、下記の内容は不要となります。

プリンターのポート追加

Windowsロゴ > 歯車アイコンをクリックします。

歯車アイコン

「デバイス」アイコンをクリックします。

「プリンターとスキャナー」を選択後、設定したいプリンターアイコンの「管理」をクリックします。

※今回は例として「Microsoft XPS Document Writer」を選択しています(自宅にはプリンターがありませんので。。)。

「プリンターのプロパティ」をクリックします。

「プロパティの変更」をクリックします。

「ポート」タブを選択し「ポートの追加」をクリックします。

「Standard TCP/IP Port」を選択し「新しいポート」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

プリンターに設定してあるIPアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

※今回は例として「192.168.0.240」を入力します。

検索中になりますので、少し待ちます。

私の自宅にはプリンターが接続されていないので下記の画面が表示されてしまいますが、会社であれば該当IPのプリンターが見つかった旨の画面が表示されますので、そのまま進んで頂ければOKです!

「次へ」をクリックします。

自宅にはプリンターがないんですよね。。すみません。

「完了」をクリックします。

「閉じる」をクリックします。

下記画面が表示されますのでチェックが入っていることを確認し、「適用」をクリックします。

「プリンター」欄に「Microsoft XPS Document Writer」が表示され、IPアドレスとプリンターが紐づけされたことが確認できました。

「OK」をクリックします。

動作確認

設定は上記手順にて完了しましたので、後は動作確認をしましょう。

なんでもいいので一度プリントアウトしてみてください。

問題なくプリントアウトされるはずです。

後は既定のプリンターに設定するなり、事務所や会社の環境に合わせましょう!

まとめ

MicrosoftのOSサポート切れに伴う端末の入れ替え等で、プリンターの設定変更作業が発生するケースがあるかと思います。

真っ新なWindows10端末であれば単純にプリンタードライバーをインストールすれば使えるようになりますが、プリンタードライバーは既にインストールされておりポートの追加もしくは変更作業が必要な状況だと、少々面倒になります。

プリンターのポート追加、変更作業はあんまりする機会がないので実際作業をしようとすると、「あれ?ポートの追加作業ってどうやるんだっけ??」となってしまいます(私がそうでした。。)。

設定手順を失念してしまった際は、上記手順をご参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です