概要

Kali Linuxを初期インストール後、画面の解像度を変更しようとしても元々解像度を選択する箇所がグレーアウトになっていて選択できない状態が多いと思います。

各解像度を有効化するためには、

apt-get でvirtualbox-guest-x11をインストールする方法

VBoxLinuxAdditions.runを実行し有効化する方法

があります。

今回は両方とも載せたいと思います。

解決方法

apt-get でvirtualbox-guest-x11をインストールし有効化 する方法

画面解像度を変更したいので「表示」メニューの「仮想スクリーン1」を選択してみますが、各解像度を選択する箇所がグレーアウトになっていて選択できません。

グレーアウトになっていて選択できない

Kali Linuxにログイン後、デフォルトだと画面左側にある「端末」アイコンをクリックしてターミナルを起動します。

Kali Linuxのデスクトップにある「端末」アイコン
ターミナルが起動

各解像度を有効化するために下記のコマンドを投入します。

# apt-get install -y virtualbox-guest-x11

リブートします。

# reboot

各解像度が選択可能な状態になっている事を確認します。

VBoxLinuxAdditions.runを実行し有効化する方法

メディアの場所を確認するため、ターミナルで下記のdfコマンドを投入します。

# df -lh

dfコマンドでメディアの位置を確認

「/media/cdrom0」にある「 VBoxLinuxAdditions.run 」をカレントディレクトリにコピーします(場所はどこでもいいです)

# cp /media/cdrom0/VBoxLinuxAdditions.run .

実行します。

# ./VBoxLinuxAdditions.run

リブートします。

# reboot

問題なく解像度が有効になった事を確認します。

まとめ

Kali Linuxをインストールした直後は解像度の変更ができない状態ですが、上記の方法で有効化すると作業もしやすくなると思います。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください