はじめに

ExcelVBAからInternet Explorerを操作するにはいくつか方法がありますが、まずはCOM(Component Object Model)を有効化(参照可能)させ、IEを起動する方法を見てみます。

COM(Component Object Model)を有効化する

1.COMを有効化するために、まずはVBE(Visual Basic Editor)を起動します。

2.「ツール」>「参照設定」をクリックします。

参照設定画面が表示されますので、以下の2つにチェックを入れます。

  • Microsoft HTML Object Library
  • Microsoft Internet Controls

チェックを入れたら「OK」ボタンをクリックします。

設定は以上です。簡単ですね。

COMの参照設定が完了しましたので、試しにInternet ExplorerをVBAから起動させてみましょう!

VBAからInternet Explorerを起動させ、WEBページを表示する

下記のサンプルプログラムを実行し、問題なくInternet Explorerが起動されればOK!です。

Sub WEBページ表示()
  'IEのCOMをインスタンス化
  Dim ie As New InternetExplorer
  
  'WEBページを表示
  ie.navigate "https://socialnews.rakuten.co.jp/"

  'IEを表示
  ie.Visible = True
End Sub

下記の楽天サイトが表示されることを確認します。

ここまでは簡単な動作確認レベルですね。

上記のようにIEを起動させても良いのですが、実務で実際クローリングする際は動作の重いブラウザは起動させない事が一般的です。こっちの方がサクッと処理できますしね。

別途、実務的なサンプルプログラムを用意しましたので、こちらも参考にして頂けばと思います。

日銀のWEBサイトから日銀当座預金増減要因と金融調節の公表データ(Excelファイル)をクローリングするというものです。

別に日銀短観のファイルでもいいですし、案件によって取得するファイル(URL)は変更してください。

とりあえず今回は、COMを有効化してInternet Explorerを操作する初期段階について記載しました(自分用のメモ的なものですが)。また、随時アップしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です